ほうれい線が目立つ前に原因と特徴を理解しよう

ほうれい線の原因と対策が知りたい女性

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「ほうれい線の原因と10代、20代、30代、40代、50代の特徴」を参考に、ほうれい線の原因と年代別の特徴と対策をご紹介します。

「ほうれい線の原因は?」

「ほうれい線が目立つ前に予防するには?」

など、気になる方はぜひご覧ください。

ほうれい線の原因

ほうれい線は、顔の頬と口元の境界線です。

ほうれい線の主な原因は顔のたるみで、年齢を重ねるとともに目立ちやすくなります。

顔たるみの原因は主に、真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化の3つです。それに加えて、お肌の乾燥、糖化、むくみ、無理なダイエット、悪い姿勢や生活のクセ、歯並び、骨格などの遺伝的要因もほうれい線の原因となります。

年代別のほうれい線の特徴と対策

①10代・20代

この年代のほうれい線の多くは、肌の乾燥による小じわや急激なダイエットなどでできてしまったしわ、不十分な紫外線ケアで真皮まで受けたダメージの場合が多いと考えられます。ほかにも、悪い姿勢や運動不足、睡眠不足、暴飲暴食などの原因もあります。

対策としては、保湿と日焼け止めなどによる紫外線対策、健康的な日常生活を心がけることです。20代の乾燥によるほうれい線は、プチプラの化粧水での保湿でも消すことが可能です。

②30代

30代半ばになると、コラーゲンやエラスチンの減少で真皮の衰えが始まり、セラミドや天然保湿因子や皮脂などの量も減ってくるので、お肌は乾燥しやすくなります。

対策としては20代と同様に、保湿と紫外線対策の徹底、アンチエイジングを意識したバランスのよい生活習慣の継続が大切です。30代はコラーゲンやエラスチン増加のサポートをするエイジングケア化粧品による保湿を始めることをおすすめします。

③40代

30代に比べるとお肌のすべての機能が低下するため、「真皮の衰え」、「表情筋の衰え」、「皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化」が原因のほうれい線が目立ち始めます。

対策としては、保湿、紫外線対策に加えて、抗酸化作用やコラーゲン、エラスチンを増やすサポートをするエイジングケア化粧品を使い、その中でもエイジングケア美容液をケアの中心にしましょう。さらに、スペシャルケアとして、フェイスマスクを取り入れたり、表情筋のエクササイズやツボ押しなどを試してみたりしてもよいでしょう。

④50代以上

40代に比べてお肌の機能も身体の機能も低下し、コラーゲン増加のサポートをするエストロゲンのはたらきが閉経によって期待できなくなり、「真皮の衰え」、「表情筋の衰え」、「皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化」の3つともが進み、ほうれい線の原因が複数である場合が多くなります。

対策としては、50代以降も40代と同じエイジングケアが基本ですが、プラスで口元専用のエイジングケア美容液などを使うこともおすすめです。また、50代では皮脂や皮脂膜も減るので、エイジングケア保湿クリームを使うのもよいでしょう。必要性を感じるなら、美容医療なども検討してはいかがでしょうか。

乾燥によるほうれい線はエイジングケア化粧品で改善することが期待できますが、ほうれい線対策のエイジングケア化粧品の目的は、ほうれい線の予防です。

そのため、高保湿低刺激で、なおかつ自分の肌質にあった化粧品で、早い時期からのエイジングケアを開始し、アンチエイジングを意識した習慣で予防美容を行いましょう。

ほかにも、ほうれい線の予防や進行の対策として、美顔器やベロ回し体操、エステや美容医療などがあります。

まとめ

ほうれい線の原因と年代別の特徴と対策をご紹介しました。

ほうれい線の主な原因は顔のたるみですが、さまざまな要素が顔たるみの原因になっています。

この記事を参考に、ほうれい線の原因を理解し、目立つ前からの予防をしっかり行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *